新しいオルゴール用ボックスができました!

小樽の木彫作家・山口保さんの作品をくるみ材の箱にあしらった自然の息吹あふれるものにしあがりました。

 
   
木彫彩色白フクロウ付30弁用くるみBOX
\13650
100×130×68
詳細はこちら
木彫彩色白オオルリ付30弁用くるみBOX
\13650
100×130×68
詳細はこちら
木彫彩色イワナ付50弁用くるみBOX
\19950
130×250×100
詳細はこちら
     
木彫彩色カワセミ付50弁用くるみBOX
\19950
130×250×100
詳細はこちら
木彫彩色イルカ付18弁用くるみBOX
(海鳴楼名入り)
\9450
74×88×77
詳細はこちら
木彫彩色黒イルカ付18弁用くるみBOX
\9450
74×88×77
詳細はこちら
     
作者紹介
作者の山口保(たもつ)さんです。

1947年岐阜・飛騨生まれ。1975年に小樽に移り、伝統技法「沈め彫り」を応用した独自の技術で、北の風土にちなんだ野鳥などを彫刻彩色しています。

山口さんが木曽檜に手彫りしたものに奥様が彩色されるという二人三脚の作業で作っています。

こうして作られた作品はお店の看板や民家の表札として小樽のあちこちで目にします。

ふらり立ち寄った小樽で運河保存運動に加わり、今や伝説となったポートフェスティバルを開催するなど活躍。今も小樽市議として小樽活性化のために尽力されています。

サカナクションのボーカル(リーダー)山口一郎さんのお父様でもあります。
木彫彩色ヤマセミ付18弁用くるみBOX
(海鳴楼名入り)
\9450
74×88×77
詳細はこちら
木彫彩色カワセミ付18弁用くるみBOX
\9450
74×88×77
詳細はこちら